« 食物酵素の種類と重要性 | ホーム | 太陽光発電はどのくらいの発電量? »

2012年12月12日

ビタミンB群の種類と効果

ビタミンB群の種類と効果

あらゆる食材に含まれているビタミンB群。ビタミンB群と一言で言っても、その種類は様々でたくさん存在します。
ビタミンB群は水溶性ビタミンに分類され、水に溶けやすい性質を持っています。そのため身体の中で留めておくことができない他、熱に弱く分解しやすい性質を持っています。なのでこまめにビタミンB群を摂る事が筆必要になります。
ビタミンB群はビタミンB1、B2、B3などたくさんの種類があります。それぞれがどのような働きをするか、まとめてみました。

○ビタミンB6の効果
たんぱく質や脂質の分解、新陳代謝を促進させる働きがあります。
・ビタミンB6に含まれるたんぱく質が髪や皮膚を構成するため、健康な皮膚や髪が維持される。
・オイリー肌を抑制させる
・妊娠中の辛い症状を和らげる。
・新陳代謝を活発にするので、動脈硬化の防止に繋がる。
・老化防止
・免疫力を高めるため様々な治療に用いられている。
・神経系に効果的なため痺れや痙攣に効果的。

○ビタミンB5の効果
ビタミンB5はパントテン酸とも言われています。
・ビタミンCの働きをするので、コラーゲンの生成をサポートします。
・細胞の成長を促すので、治癒力が高まります。
・皮膚や粘膜の維持
・疲労回復に効果的です。
・ストレスを緩和してくれる働きがある。

○ビタミンB3
ビタミンB3はナイアシンとも言われています。
・アルコール分解を補助するため二日酔いなどに効果的。
・コレステロールや中性脂肪を減少させるのでメタボリックシンドロームが気になる方に。
・偏食や不規則な食生活が続く生活習慣病の方に。
・口内炎を予防します。
・たんぱく質、脂質などの分解をサポートします。

○ビタミンB2
・眼科疲労
・新陳代謝を促進させるので、肌を若々しく保つことができます。
・過酸化脂質を分解する働きがある。

このブログ記事について

このページは、burhaniyebelediyesporが2012年12月12日 15:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「食物酵素の種類と重要性」です。

次のブログ記事は「太陽光発電はどのくらいの発電量?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。